年3回チャンスあり!簿記検定

簿記の試験に関しては、年に3回受験することができます。ただし、1級に関しては2回のみになっています。

年3回チャンスあり!簿記検定

簿記の試験は年3回受験できる

大学の入試試験といいますと、意外に受けるチャンスが多いです。まず推薦入試が秋にあります。一定の能力がある人が受けるものもあれば、高校時代の内申点を中心に受けるものもあります。一般入試に関しても本校で受けるものと地方で受けるものが分かれていたり、一次募集、二次募集と何段階かに分けて行われることがあります。どうしてもその大学に行きたいというのであれば、受けれるだけ受けるというのも方法の一つになります。ただし学校によってはそれらのチャンスも非常に少ないこともあります。有名校になるほど少ないかもしれません。
簿記の検定試験においてはどのようになっているかです。いくつかの実施団体が行っていますが、最もポピュラーなものであれば年に3回受験することができます。6月と11月、翌年の2月ということです。ですからどうしても合格したいということであればどんどん受ければよいということです。11月試験と2月試験といいますと期間が短くなります。ですからそれまで勉強していたことを維持しやすいということがあります。逆に期間が空いてしまうと集中力が切れてしまうことがあります。級を続けて受けるという場合は何月から始めるかも重要になります。
こちらの試験に関しては現在4級から1級まで設定されています。一般には3級から受ける人が多いということで、4級に関しては会場が限られていることもありますから注意します。また4級から2級は年3回受けることができるのですが、1級に関しては6月と11月の2回のみになっています。2月には受けることができません。こちらの試験に関してはどの級も資格は必要とされていません。試験の時間が、3級と1級は午前中、4級と2級は午後に設定されています。ですから3級と2級を同時にうけたり、1級と2級を同時に受けることができるようになっています。前回にギリギリで合格できなかった時などは、同時に受けるなどでダブル合格を目指すことができます。
おすすめ情報

Copyright (C)2016年3回チャンスあり!簿記検定.All rights reserved.